成績について

  • 緘黙で話せないため英語の発音の点数付かなくて

    その分 通知表の成績が下がった。

    音楽の成績で歌の声が小さいことを理由に通知表の成績を下げられた。
    そのことが不満だという親や当事者の意見を目にすることがあります。

    まずそもそも通知表の成績とはテストの点数だけでつけるものではありません。

    テストの点数だけで通知表を付けるなら
    通知表はパソコンにテストの結果の数字を入力すればいいですよね?
    学校の先生がつける必要はありません。
    テストの点数だけではその子の能力はわからないこともあります。


    英語の能力を評価する場合

    単にテストの点数だけでは測れないところがあります。

    発音がうまい人と 発音が下手な人
    どちらが英語の能力があるか聞かれたら
    発音が上手い人だと思います。

    単にテストの点数だけで成績を付けるより 正当な評価になることはわかると思います。


    音楽の場合 歌が上手いほうが音楽の能力が上になります。

    歌のうまさは声の大きさも関係してきます。

    たとえばカラオケボックスで点数をつける機械がありますが
    あれだって声が大きいほうが点数が高くなります。
    声の大きさも歌のうまさに入るんですね。
    たとえば数学の時間

    「発表の声が小さいから通知表の成績を下げられた」とかなら
    抗議してもいいと思います。


    数学の答えの字が下手だから通知表の成績が低くなるのは問題です。

    でも習字時間 字が下手だから習字の成績が低くなるのは仕方ないことです。


    緘黙の本 「学校における場面緘黙への対応」にはこんなことが書いてあります。
    「場面緘黙で歌が歌えないから通知表の成績が斜線だった 納得がいかない」
    と言うような保護者の訴えがある。


    それに対する答えが

    家で歌えるならそれを録音録画する

    など配慮が必要です。


    ただこれって緘黙の子以外の子にとって
    不利益にならないようにすることが大切だと思います。

    他の子は一発勝負なのに対して

    録音録画だったら何度もやってうまくできたものを提出すればいいと言うことになります。



    さらに家でも歌が歌えないない生徒にはどうするか?

    「学校における場面緘黙への対応」の答えは

    楽器でもいい 

    それだったら緘黙でない生徒も音痴な生徒は楽器でもいいとしないと

    不公平になります。

    そもそも 笛と歌唱の点数を両方付ける場合
    楽器でいいと言うなら
    普通は笛と歌唱の点数をつけるのに
    緘黙の子は 笛と笛になっておかしなことになりませんか?


    もしくは笛と他の楽器(カスタネットなど)にするんでしょうか?

    あと他の子は歌唱に対して楽器のうまい下手って
    比べるのって難しくないですか?

    英語の発音についてはどうでしょうか?

    発音は他で代用と言うわけにはいかないですよね?

    喋らない子の成績をどうやって付ければいいんでしょうか?
    話せないから50点にしますか?
    じゃあ 発音がうまい子は100点 下手な子は30点
    話せない子は50点にしたら 下手な子は損をしています。


    成績について緘黙の子に配慮してもらいたいのはわかりますが
    不公平にならないように配慮するのは非常に難しい。


    成績に対する配慮はあったら助かるかもしれませんが
    配慮はすればするほど教師の負担が増えることはわかると思います。

    そもそもこれは教師の一存でできる物でしょうか?
    勝手にやったら校長に怒られたりはしないんでしょうか?


    明確な規定でもあればいいと思いますが
    個人の判断で成績について配慮するのは難しい。


    そこまで点数を増やしたいですか?


    その点数の違いが人生にどれくらいの違いが出るんでしょうか?

    成績に配慮してもらうために教師に負担を強いるなら
    他のことを配慮してもらったほうが合理的なんじゃないでしょうか。

    緘黙の場合 どうしても成績に影響が出ることもあるだろうけど
    それである程度成績が下がるのは仕方ない。

    その辺はわりきって他でいい点を取れるように
    努力するしかないんじゃないかなって思います。



このページの先頭へ